久留米大学 医学部 先端イメージング研究センター

星の砂

星の砂って、本当に海岸に落ちてるんです。沖縄で海岸をよく見ていると普通の石とは少し違うつぶつぶが見られます。少し褐色で丸っこい2mm位のつぶです。英語ではstar sand。

もちろん空からの落とし物ではなく、有孔虫(ユウコウチュウ)というプランクトンの亡骸です。生きているときは石灰質のからをもつ単細胞生物。それにしては大きいですね。死んでからが海岸に打ち上げられた物です。

今日はこの砂を低真空SEMで観察しました。幾何学的模様がきれいですね。種類によってもきっと違うでしょうし、内側はどうなっているのでしょう。割れた星の砂を見つけたら判るかもしれません。

海の落とし物、生き物が作る形はきれいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« 前のページに戻る

サイト内検索

セミナー情報

2022年度 電顕技術認定技士(2級)試験対策セミナー

2022年度 電顕技術認定技士(2級)試験対策セミナー

2022年10月1日の電子顕微鏡技術技士2級試験に向けての対策講義を行います。受験希望者また、電子顕微鏡の基礎的内容を知りたい方は受講されてください。

公益社団法人日本顕微鏡学会 電子顕微鏡技術認定試験サイト

(さらに…)

アクセス

住所
830-0011 福岡県 久留米市 旭町67
久留米大学 医学部
先端イメージング研究センター

運営時間
月〜金: 8:30 AM – 5:00 PM

電話番号
0942-31-7585

0942-65-4610 (太田直通)