久留米大学 医学部 先端イメージング研究センター

電顕技術研究会講演

第154回電子顕微鏡技術研究会

「FIB-SEMをはじめとしたSEM連続断面観察による3次元電顕の医学生物応用」 
太田啓介

電顕技術研究会

講師 : 太田啓介 (久留米大学医学部先端イメージング研究センター)
日時:2018年12月1日15:300〜17:00
場所:東京大学医学部教育研究棟2階第一・第二セミナー室

電子顕微鏡で生体組織を三次元で観ることにより何が見えてくるのか、その利点と課題、課題を克服するための現在の取り組みについて、特に、臨床応用および、細胞生物学的応用について技術をベースに全体を俯瞰した解説をいたしました。


 

とても天気の良い土曜、東京大学の銀杏はまだ葉も落ちておりませんでした。

40年近く続く伝統ある研究会で、90分お話をさせていただきましたが、おかげをもちまして多くの電顕技術者の皆様と交流することができました。この会は若い方も多く、大変刺激的です。年4回の開催で、技術のベースから学んでおられる方々ばかりです。電顕技術を実質的に学ぶにはとても良い研究会だと感じました。感謝。

おおた

 

タグ:

« 前のページに戻る

サイト内検索

セミナー情報

2020年度大学院生・研究者向けサンプル作製 AIRC-WetLab

2020年度大学院生・研究者向けサンプル作製 AIRC-WetLab

先端イメージング研究センターでは、久留米大学の皆様の研究サポートの一環として、基本的な形態解析実験に関わるWetLabを開催します。2020年度は、3ヶ月おきに4回を予定しています。(予定は変更される場合があります)。とくに、今年は、試料作製の基本となる、動物の灌流固定や免疫染色、電子顕微鏡用試料の作製法について実際の試料を用いてWetLabを実施します。また、実際に研究を把持得る場合は時期に限らず相談を受け付けております。興味をもたれましたら、太田までご連絡ください。

  • 第1回:組織化学のための動物灌流固定 
    • 5/15 17:00 ~ 20:00
    • マウスの経心臓灌流固定を行い、実験サンプルを取得します。
  • 第2回:動物組織の免疫染色
    • 9/14(月) 17:00 ~ 20:00
    • 凍結試料をクリオスタットで切削し、免疫染色を行います。
  • 第3回:組織の透過型電子顕微鏡:試料作製と観察の基礎 
    • 12/21(月) 17:00 ~ 20:00
    • 試料の細切・オスミウム酸固定など電顕写真が撮れるまで試料プレパレーション過程を学びます。
  • 第4回:培養細胞の電子顕微鏡観察:試料作製と観察の基礎
    • 2/22(月) 17:00 ~ 20:00
    • 培養細胞の固定からSEM・TEM用試料作製の過程を実施します。

各定員5名です。

連絡先 内線(3854)

 

アクセス

住所
830-0011 福岡県 久留米市 旭町67
久留米大学 医学部
先端イメージング研究センター

運営時間
月〜金: 8:30 AM – 5:00 PM

電話番号
0942-31-7585

0942-65-4610 (太田直通)