久留米大学 医学部 先端イメージング研究センター

IHC用Frozen試料の作製

IHC用試料作製法(Frozen)

灌流固定後の試料をCryoミクロトームで薄切できる試料にする際の手順
本プロトコルは固定液として4%FA/PBSを用いたものとする.
(※洗浄用バッファは固定液と同じバッファを用いるので,適宜変更する)
* 灌流固定後,試料を速やかに取り出す.
* 厚さ1~2mm程度にトリミングする.

* immersion in fixative 2-4 h @4ºC
* 3 rinses with PBS @4º (※固定液と同じバッファ)
* immerse 30%Sucrose/PBS @4º 10min [] 10min[] Overnight []
* place on the cryo-mold and embed in OCT compound
* frozen with dry-ice chilled ethanol

注意:Cryo-moldにラベルを書く場合は,上面にサインペンで行う.
(作成日(試料番号),材料の種類,作成者名等を全てのサンプルに書く)
凍結時には,このラベルにエタノールがつかないように注意.
(文字が全部消える.また,低温では書けない)
凍結前,試料は事前に氷の上で十分冷やしておくと凍結が早く,良い結果が得られる.
図のように,角を曲げ,持針器でつまみ,モルドの底面だけが
冷エタノールにつくように行う.30秒程度で凍結する.

K.OHTA, AIRC-Kurume U. Sch. Med.

« 前のページに戻る

サイト内検索

セミナー情報

2022年度 電顕技術認定技士(2級)試験対策セミナー

2022年度 電顕技術認定技士(2級)試験対策セミナー

2022年10月1日の電子顕微鏡技術技士2級試験に向けての対策講義を行います。受験希望者また、電子顕微鏡の基礎的内容を知りたい方は受講されてください。

公益社団法人日本顕微鏡学会 電子顕微鏡技術認定試験サイト

(さらに…)

アクセス

住所
830-0011 福岡県 久留米市 旭町67
久留米大学 医学部
先端イメージング研究センター

運営時間
月〜金: 8:30 AM – 5:00 PM

電話番号
0942-31-7585

0942-65-4610 (太田直通)