久留米大学 医学部 先端イメージング研究センター

IHC用Frozen試料の作製

IHC用試料作製法(Frozen)

灌流固定後の試料をCryoミクロトームで薄切できる試料にする際の手順
本プロトコルは固定液として4%FA/PBSを用いたものとする.
(※洗浄用バッファは固定液と同じバッファを用いるので,適宜変更する)
* 灌流固定後,試料を速やかに取り出す.
* 厚さ1~2mm程度にトリミングする.

* immersion in fixative 2-4 h @4ºC
* 3 rinses with PBS @4º (※固定液と同じバッファ)
* immerse 30%Sucrose/PBS @4º 10min [] 10min[] Overnight []
* place on the cryo-mold and embed in OCT compound
* frozen with dry-ice chilled ethanol

注意:Cryo-moldにラベルを書く場合は,上面にサインペンで行う.
(作成日(試料番号),材料の種類,作成者名等を全てのサンプルに書く)
凍結時には,このラベルにエタノールがつかないように注意.
(文字が全部消える.また,低温では書けない)
凍結前,試料は事前に氷の上で十分冷やしておくと凍結が早く,良い結果が得られる.
図のように,角を曲げ,持針器でつまみ,モルドの底面だけが
冷エタノールにつくように行う.30秒程度で凍結する.

K.OHTA, AIRC-Kurume U. Sch. Med.

« 前のページに戻る

サイト内検索

セミナー情報

2021年度 電顕技術認定技士(2級)試験対策セミナー

2021年度 電顕技術認定技士(2級)試験対策セミナー

公益社団法人日本顕微鏡学会 電子顕微鏡技術認定試験サイト

電子顕微鏡技術技士は大学・研究機関・企業等で電子顕微鏡に関わる技術者として十分な知識と技能を持つことを日本顕微鏡学会が認定する制度です。電子顕微鏡用の試料作製や試料観察は特殊なものが多く、また試料の状態によっても 様々な方法を使い分ける必要があるなど習得に時間がかかるといわれています。

本制度で認定された方は、その基本的技術を獲得していることを専門学会が認定するもので、キャリアップのための自分のスキルを証明する方法として有効です。

試験はそれほど難しくありませんが、専門用語が多く実際に装置に触れたことがないと分かりづらい問題も多く存在します。そこで、AIRCでは、久留米大学の装置を実際に見学したり、実際の試薬を含めたセミナーを毎年開催しております。今年度は以下の日程で開催します。参加希望者は先端イメージンク研究センター(太田)までご連絡ください。

電顕認定セミナー1  21年08月17日 9:00〜10:00 組織実習室(久留米大学旭町キャンパス2階)

電顕認定セミナー2  21年08月20日 18:00〜19:00

電顕認定セミナー3  21年08月23日 18:00〜19:00

電顕認定セミナー4  21年09月24日 18:00〜19:00

試験実施日(10月2日)

関連教科書(出題範囲):電顕入門ガイドブック改訂版

 

 

 

 

アクセス

住所
830-0011 福岡県 久留米市 旭町67
久留米大学 医学部
先端イメージング研究センター

運営時間
月〜金: 8:30 AM – 5:00 PM

電話番号
0942-31-7585

0942-65-4610 (太田直通)