久留米大学 医学部 先端イメージング研究センター

IHC用Frozen試料の作製

IHC用試料作製法(Frozen)

灌流固定後の試料をCryoミクロトームで薄切できる試料にする際の手順
本プロトコルは固定液として4%FA/PBSを用いたものとする.
(※洗浄用バッファは固定液と同じバッファを用いるので,適宜変更する)
* 灌流固定後,試料を速やかに取り出す.
* 厚さ1~2mm程度にトリミングする.

* immersion in fixative 2-4 h @4ºC
* 3 rinses with PBS @4º (※固定液と同じバッファ)
* immerse 30%Sucrose/PBS @4º 10min [] 10min[] Overnight []
* place on the cryo-mold and embed in OCT compound
* frozen with dry-ice chilled ethanol

注意:Cryo-moldにラベルを書く場合は,上面にサインペンで行う.
(作成日(試料番号),材料の種類,作成者名等を全てのサンプルに書く)
凍結時には,このラベルにエタノールがつかないように注意.
(文字が全部消える.また,低温では書けない)
凍結前,試料は事前に氷の上で十分冷やしておくと凍結が早く,良い結果が得られる.
図のように,角を曲げ,持針器でつまみ,モルドの底面だけが
冷エタノールにつくように行う.30秒程度で凍結する.

K.OHTA, AIRC-Kurume U. Sch. Med.

« 前のページに戻る

サイト内検索

セミナー情報

ABIS シンポジウムのお知らせ

ABIS シンポジウムのお知らせ

ABiS Symposium 先端バイオイメージングの現在そして未来 〜我が国の研究戦略〜
本センターも参画している「先端バイオイメージング支援」のシンポジウムが開催されます。Zoom、かつ無料ですので、奮ってご参加ください。

開催日時    2021年2月24日(水)12:30-16:20 (12:00より入場可能)  
開催方法  

Zoomウェビナーによるオンライン配信

参加費   無料
プログラム (さらに…)

セミナー情報

7月22日 大学教職員向け2021年 夏休み「顕微鏡体験ワークショップ」

7月22日 大学教職員向け2021年 夏休み「顕微鏡体験ワークショップ」

 

久留米大学教職員のみなさま

教職員のご家族様など関係者を対象に、顕微鏡体験セミナーを開催します。普段大学の研究で使う電子顕微鏡などを使って身近な物を拡大して観察してみませんか?是非お子様と一緒にご参加ください!(もちろん大人だけでも結構です)

撮影した画像は、夏休みの自由研究に使っていただけます。

学生の皆さんのボランティアも歓迎です。

※一般の方へ

翌日7/23日に同じ内容でワークショップを企画します。日程の合わない場合は一般の方へご参加いただいても結構です。

(さらに…)

セミナー情報

7月23日 一般公開2021年 夏休み「顕微鏡体験ワークショップ」

7月23日 一般公開2021年 夏休み「顕微鏡体験ワークショップ」

 

日時:2021年7月23日(金)スポーツの日 10:00 ~16:30

一般の皆さんを対象に顕微鏡体験公開セミナーを開催します。普段大学の研究で使う電子顕微鏡などを使って身近な物を拡大して観察してみませんか?20組先着ですが小学生から大人まで、どなたでも参加いただけます。

撮影した画像は、夏休みの自由研究に使っていただけます。

(さらに…)

アクセス

住所
830-0011 福岡県 久留米市 旭町67
久留米大学 医学部
先端イメージング研究センター

運営時間
月〜金: 8:30 AM – 5:00 PM

電話番号
0942-31-7585

0942-65-4610 (太田直通)