久留米大学 医学部 先端イメージング研究センター

サイエンス福岡クラブ講演

「ミクロから見える命の秘密」No1

  布団のホコリは細胞だった!?外界から我々を守る仕掛け

2018秋のセミナーポスター

講師 : 太田啓介 (久留米大学医学部先端イメージング研究センター)
日時:2018年11月18日13:00〜14:15
場所:福岡市ボランティア交流センターあすみん

ホコリが細胞のかけらであるのかどうかを、実際に自分の皮膚の細胞をいろいろな方法で採取し、顕微鏡を使って観察する研究体験ワークショップを行いました。自分の細胞とホコリが同じであるのかどうか、確かめ、ここからなぜ細胞が剥がれ落ちたのか考えていただきました。その後、皮膚の作りについて紹介しこの情報から、皮膚がどのように我々の体を守っているのか、皮膚のケアで大切なことは何かを皆さんで考えました。


おかげをもちまして、30名ほどの参加者に恵まれました。ホコリが細胞のかけらであるのかどうかを、実際に自分の皮膚の細胞をいろいろな方法で採取し、顕微鏡を使って観察する研究体験ワークショップを行いました。自分の細胞とホコリが同じであるのかどうか、確かめ、ここからなぜ細胞が剥がれ落ちたのか考えていただきました。その後、皮膚の作りについて紹介しこの情報から、皮膚がどのように我々の体を守っているのか、皮膚のケアで大切なことは何かを皆さんで考えました。

貴重な機会をいただいた、サイエンス福岡クラブの皆さんに感謝します。

五台の顕微鏡を持ち込んで準備万端です。始まるまで、顕微鏡でミニミニウォーリーを探してもらいました。

タグ:

« 前のページに戻る

サイト内検索

セミナー情報

2020年度大学院生・研究者向けサンプル作製 AIRC-WetLab

2020年度大学院生・研究者向けサンプル作製 AIRC-WetLab

先端イメージング研究センターでは、久留米大学の皆様の研究サポートの一環として、基本的な形態解析実験に関わるWetLabを開催します。2020年度は、3ヶ月おきに4回を予定しています。(予定は変更される場合があります)。とくに、今年は、試料作製の基本となる、動物の灌流固定や免疫染色、電子顕微鏡用試料の作製法について実際の試料を用いてWetLabを実施します。また、実際に研究を把持得る場合は時期に限らず相談を受け付けております。興味をもたれましたら、太田までご連絡ください。

  • 第1回:組織化学のための動物灌流固定 
    • 5/15 17:00 ~ 20:00
    • マウスの経心臓灌流固定を行い、実験サンプルを取得します。
  • 第2回:動物組織の免疫染色
    • 9/14(月) 17:00 ~ 20:00
    • 凍結試料をクリオスタットで切削し、免疫染色を行います。
  • 第3回:組織の透過型電子顕微鏡:試料作製と観察の基礎 
    • 12/21(月) 17:00 ~ 20:00
    • 試料の細切・オスミウム酸固定など電顕写真が撮れるまで試料プレパレーション過程を学びます。
  • 第4回:培養細胞の電子顕微鏡観察:試料作製と観察の基礎
    • 2/22(月) 17:00 ~ 20:00
    • 培養細胞の固定からSEM・TEM用試料作製の過程を実施します。

各定員5名です。

連絡先 内線(3854)

 

アクセス

住所
830-0011 福岡県 久留米市 旭町67
久留米大学 医学部
先端イメージング研究センター

運営時間
月〜金: 8:30 AM – 5:00 PM

電話番号
0942-31-7585